プレハブ 建替え

 
 トップページ > プレハブ建替え

トップページ

プレハブ 施行例・参考価格

プレハブ補強工事
  補強工事施工例
プレハブ建替え

宮城県プレハブ施工例

会社概要

よくある質問

お問い合わせ

施行エリア:神奈川県、東京都、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、宮城県、福島県、山梨県



会社名
 マルシンプレハブ販売
 建設業許可
 神奈川一般18 58814号

住所
 〒216−0026
 神奈川県川崎市宮前区
 初山1−4−21
電話番号
 044−975−1073
FAX
 044−975−1074
MAIL
 t.fujii@marushinprefab.co.jp
 プレハブ建替え

建て替え工期は最短で3日!

1日目解体 → 2日目基礎補修 → 3日目プレハブ工事

※基礎工事の内容によって工期が変わってきます。

「プレハブが老朽化してきた。」
 「倒れないか不安」

最近になってプレハブの建替えのご相談が増えています。
「安くて早い」の最大のメリットを持つプレハブ。
30年以上前から様々な用途において活躍してきました。
しかしここにきて、当時建てられたプレハブに

・メンテナンスを施しているプレハブ

・建築以降何もされていないプレハブ

この二つに大きな違いが出てきています。

見た目では大丈夫そうでも、深刻な状況のプレハブもあります。

今あるプレハブに不安・心配をお抱えの方、弊社に一度ご相談下さい。
補強・建替えについてのご相談や、現地にてプレハブの診断を致します。



プレハブ建替え例はこちら

の前に・・・
自分でもチェックしてみましょう!



チェックする際の最重要箇所!!


そのプレハブが大丈夫なのかどうか。

これを見極めるのに、唯一最大と言ってもいい程の重要な箇所をお教えします!!

外壁!? 屋根!?

確かにそこも大事ですが、違います。


ここです。


柱の根本

荷重、耐力を土台に伝える大事な箇所が柱の根本です。
また柱が腐っている場合、ほぼその周りの土台も腐っており本来の意味をなしていません。

↓根本が錆びて腐っている例↓



この状態になると、プレハブ自体が固定されておらず、ただ置いてあるのと同じ状況です。
プレハブの耐力の要であるブレースがほとんど効かなくなるのです。

この写真と同じような状態になってはいませんか?
ぜひ一度、お使いになられてる、プレハブの周りチェックしてみてください。

現在の状況がこのような場合、補強・建替えを提案します。

建替え・解体・基礎補強・プレハブ新築、全て弊社でお受けしますので
ぜひご相談下さい!






|  トップページ | プレハブ施工例・参考価格 |プレハブ補強工事 | 宮城県プレハブ施工例 |
プレハブ建替え  |  会社概要    |    よくある質問   |   お問合せ